北摂・北大阪を子供ととことん楽しむブログ

nico☆tre

なつぞら主題歌「優しいあの子」がヒットした理由はカノン進行?

エンタメ

なつぞら主題歌「優しいあの子」がヒットした本当の理由はカノン進行?

投稿日:

NHKの朝ドラ「なつぞら」の主題歌であるスピッツの「優しいあの子」、すごくいい曲ですよね。

耳なじみの良さと単純明快なメロディで、気付けばつい口ずさんでいる方も多いのではないでしょうか。

その一方で、

あれ?どこかで聞いたようなメロディ…?

何かの曲と似てる…?

と思いませんか?

まさかパク…!?という話ではないのでご安心ください(笑)

「優しいあの子」がなぜこんなにも聞きやすく、落ち着く曲なのかを解明したいと思います。

禁断の「カノン進行」とは?

じつは、「優しいあの子」はカノン進行というコード進行の構成になっています。

パッヘルベルの「カノン」という有名な曲がありますが、カノン進行はこの曲が元になっていて、このコード進行が使われているだけで人は「良い曲だ」と感じるという魔法のようなコードなのです。

コードでいうと、

C – G – Am – Em – F – C – F – G

わかりやすい音階でいうと、

ド-ソ-ラ-ミ-ファ-ド-ファ-ソ

という音をひたすら繰り返す流れです。

このコードをベースにメロディを作るだけで、心を揺さぶる「良い曲」になるのでヒット曲にはカノン進行が多用されていると言われています。

が、同時にカノン進行を使った曲を出せばヒットはするものの「一発屋」で終わる確率も高い、いわゆるドーピングのようなものなのだとか。

なぜなら、カノン進行の曲以上に良いものが作るのが難しいから。

新人がしょっぱなにカノン進行という最高峰に手を出してしまうとそこがピークになってしまう、という意味で「禁断」と言われているのですね…。

では、「優しいあの子」以外にカノン進行を使っているスピッツの曲は他にもあるのでしょうか?

カノン進行で構成されているヒット曲

1989年に初めてのCD「ヒバリのこころ」を発売して以来42枚のシングル、また2019年10月には16枚目のアルバム「見っけ」を発売するスピッツですが、カノン進行の曲は意外にも少ないです。

が、曲のタイトルを聞けば、カノン進行=良い曲=ヒットするという法則は、誰もが納得するはず。

その曲とは・・・

  • 空も飛べるはず
  • チェリー

なんです。

あ~…たしかに!って感じですよね。

誰もが知る、いわばスピッツの代表曲と言われる2曲です。

と同時にスピッツの名を世に広く知らしめた出世曲でもあります。

カノン進行、おそるべし。

ただ、スピッツが「一発屋」で終わらなかったのは、やはり枯れることのない才能があったからということと、「禁断のカノン進行」の使いどころをわかっていたからではないかと思います。

 

スピッツ以外のアーティストでは、カノン進行を使ったヒット曲がゴロゴロあります。

スピッツ以外で、カノン進行が使われているJポップ

  • さくらんぼ / 大塚愛
  • 負けないで / ZARD
  • TOMORROW / 岡本真夜
  • さくら(独唱) / 森山直太朗
  • 愛は勝つ / KAN
  • 少年時代 / 井上陽水
  • 木綿のハンカチーフ / 太田裕美
  • 涙そうそう / 夏川りみ
  • 勇気100% / 光GENJI
  • Dragon Night / SEKAI NO OWARI
  • キセキ / GReeeeN
  • マリーゴールド / あいみょん
  • 恋するフォーチュンクッキー / AKB48

少し切なくて泣きたくなるような雰囲気もあるのに、心の底から元気が出るような、まさに「心を揺さぶる」という言葉がぴったりの曲ばかりです。

スピッツはなぜなつぞら主題歌にカノン進行を使ったのか

いままでにたくさんの曲を発表していながらも、あまりカノン進行を使った曲を作って来なかったスピッツですが、今「なつぞら」主題歌になぜカノン進行を使ったのでしょうか。

「記念すべき100作目のNHK朝ドラ」ということへの敬意・祝福、意気込みというものをひしひしと感じます。

老若男女に受け入れられる曲を。

誰もが口ずさめるような単純明快な曲を。

記念すべき100作目の朝ドラにふさわしい曲を。

こんな思いの元に作られた曲なのではないかと思っています。

ここで「カノン進行」を使わなくていつ使うんだ、という、まさに「ここぞという時の一曲」だということですね。

もう2019年の紅白に出場しない理由がない…(笑)

スピッツが紅白初出場でなつぞら主題歌を歌う?
紅白初出場が濃厚なスピッツは大みそかに何を歌う?

2019年のNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」の主題歌「優しいあの子」を歌っているスピッツ。 今年の紅白出場は確実と、各方面でも話題になっています。 数々の大ヒット曲がありながらも今までスピッツが紅 ...

続きを見る

「優しいあの子」がヒットした理由はカノン進行:まとめ

  • カノン進行=良い曲=ヒットする
  • NHK朝ドラ100作目への敬意・祝福、主題歌提供への意気込みが感じられる
  • カノン進行を使ったスピッツの曲は「空も飛べるはず」「チェリー」
  • カノン進行を使ったJポップは名曲がたくさん

わかりやすいシンプルな曲のようでいて、しっかりスピッツの思いや気合いや戦略が練り込まれている「優しいあの子」。

スピッツの新しい代表曲となったのではないでしょうか。

つぎにスピッツのカノン進行が聞ける時を楽しみにしたいと思います☆

以上、【なつぞら主題歌「優しいあの子」がヒットした本当の理由はカノン進行?】でした!

-エンタメ
-

Copyright© nico☆tre , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.